解体工事

解体工事について、大まかな流れを表記してみました。各プロジェクトにより変更ありますのでご了承願います。

先ずは、お電話にてお問い合わせください。着工御希望日等・概要をお伺いいたします。
現場調査無しの場合は当社の概算になりますが御見積書を作成致します。
ご契約書は御見積書の内容・工法など同意の上で作成いたします。
解体工事について面積が80平米を超える建物は建設リサイクル法により届出が義務づけられており、その他特定建設作業実施届など届出代行いたします。
騒音対策・振動対策・防塵対策を解体工事現場ごとに適切に準備をし、安全第一で万全の体制で行います。
騒音対策・振動対策・防塵対策を解体工事現場ごとに適切に準備をし、安全第一で万全の体制で行います。
生じた産業廃棄物は的確に分別し、各処理施設へ搬出いたします。残材確認も確実に行います。
産業廃棄物の不法投棄を防ぐため収集運搬業者は、マニフェストを作成し各処理施設へ提出する義務があり、そのマニフェストには産業廃棄物がどう処理されたかを記録しておくもので、5年間の保存義務があるものです。
場内整地まで行い、解体工事完了となります。その際に現場にお客様お立合いの上最終確認となります。
工事着工に関するご不明点等御座いましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
尚、ご返信までお時間を頂く場合もございます。予めご了承下さい。